新型コロナウイルスに対する対応について

新型コロナウイルスに対する対応について

【2021.8.12更新】

8月7日に教会奉仕者1名が新型コロナウイルスの濃厚接触者対象と判定されました。
経過は以下の通りです。

○経緯
8月3日 対象者の家族が症状の覚知。
8月4日 家族PCR検査受検、結果陽性。
保健所から、濃厚接触者と連絡を受ける
(最終教会出席日8月1日)
8月11日 対象者PCR検査受検、結果陰性。
○対応
8月19日まで自宅待機。

————

8月10日に教会奉仕者1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
経過は以下の通りです。

○感染者 1名
○濃厚接触者 なし
○経緯
8月7日 症状の覚知。
8月10日 PCR検査受検、結果陽性。
(最終教会出席日8月7日)
○対応
保健所からの教会への消毒の要請はないため、通常の消毒で対応。
感染者は、最短で8月17日まで自宅療養。

※今までの、東京アンテオケ教会のコロナ感染状況についてはこちらからご確認ください

日曜日の礼拝について

※変更がある場合のみ更新されます。しばらくは、以下の対応となります。

  1. 早朝礼拝から第3礼拝までの礼拝の中で、一つの礼拝のみへの出席でお願いいたします。
  2. 会堂内ではマスクの着用をお願い致します。
  3. 咳・くしゃみ・発熱などの症状がある方は、礼拝出席を控えていただき、オンライン礼拝への出席をお願いいたします。
  4. 入り口に、アルコール消毒液を設置しておりますのでご利用ください。
  5. 出席中に気分が優れない、体調が悪くなった際には、スタッフまでお知らせください。
  6. ソーシャルディスタンスを出来る限り保っていただくようご協力をお願いいたします。
  7. 礼拝に出席される際には、各自にても感染予防対策をお願いいたします。
  8. 入口にて体温測定を実施致します。37.5 度以上の場合、礼拝出席はご遠慮ください

毎日礼拝、水曜祈祷会、土曜礼拝も上記の対応となります。